包茎手術するなら知っておきたい

包茎手術は皮で隠れている亀頭をだす手術のことです

包茎手術インフォメーション

包茎手術するなら知っておきたい

ペニスは立派な方がいいと思うのは当たり前のことだと思います。

男の子で比べるといえばペニスの大きさなので気にすることも多いことでしょう。

そんな男のシンボルであるペニスが包茎だと自信が持てないという事態に陥ります。

包茎は簡単に言うと亀頭の露出がかなわない状態のペニスをさします。

普通ならば包皮を手で根元に引き寄せれば亀頭が出るのですが勃起しても出ない人までいるのです。

包茎だと包皮がむくには狭かったり、中が癒着している可能性もあって包皮がめくれないということがおこるようです。

亀頭は包皮に覆われている状態で男性は生まれてきます。

そのペニスが成長していき、亀頭の露出が可能となってきます。

自然なことなので小さいときの包茎は気にする必要も心配もありません。

ですが早めに包茎手術を必要とする包茎もあります。

それは排尿障害や炎症などを起こす特別なケースと言えるでしょう。

成人したあとで亀頭を露出することができない場合は真性包茎やカントン包茎と考えられて、これは双方ともに病気とみなされて保険適用がされます。

保険適用になるほど重症であると考えることができるので、この場合はきちんと早急に包茎手術を受けるようにしてほしいと思います。


Copyright (C) www.aavmcc.com. All Rights Reserved.

包茎手術インフォメーション